2019台北国際工作機械ショー(TIMTOS)

人気商品

Chengyou精密機械会社プロフィール

成祐精機股份有限公司は、台湾の様々な産業に特化した製造サービスプロバイダーであり、1984年に設立され、33年以上の上昇ブローチ盤、内歯ブローチ盤、外歯ブローチ盤、深穴加工機、特殊マシンの製造経験、Chengyou精密機械は、常に顧客の様々な品質要件を満たすことができます。

2019台北国際工作機械ショー(TIMTOS)

2019/03/04 アクシスコ

2019/03/04〜2019/03/09 小間番号:L1230

「台湾国際工具機械見本市(TIMTOS)」は、出展者が世界市場を拡大するための重要な基盤となっており、今年は国内外の1,230社が参加し、7,000ブースで展示会規模が世界で3番目に大きな規模となりました。工作機械の専門展示。 清明(2019年)は、高盛、鄭太、極東、釜山、汝矣島、東大、謝洪、清洪、龍仁、台中精機、金峰、謝義MAZAK、DMG MORI、ファナック、三菱、THK、ハイデンハイン、シーメンス、ユニバーサルロボット、ハースオートメーション、およびその他の国際的に有名なメーカーを含む26カ国からの外国人参加にも参加しました。 また、スイス・パビリオンとドイツ・パビリオンに加えて、米国、デンマーク、トルコが初めて出展する予定で、TIMTOSが最新モデルと技術の国際展示会であることを示す予定です。

世界的な産業発展のトレンドの中で、TIMTOSは2019年に「Industry 4.0、Smart Manufacturing」を主軸とし、インダストリアル4.0、デジタルソリューション、高度に統合された機能の自動化を展示する新しいAIと新しい展示エリアを展示します。アプリケーション、ロボットアーム、センサー、物事のインターネット、ビッグデータ、マシンラーニング、AI技術が生産ラインに導入され、ハードウェアとソフトウェアが効果的に統合され、ヒューマンマシンシナジーの作業環境が作られ、効率のインテリジェントな生産は、少数のカスタマイズされた要件を満たします。

業界が最新の開発動向を把握するのを支援するため、主催者は第2回TIMTOSサミットフォーラムを開催し、DMG MORI、ABB、ハイデンハイン、ダッソー、シーメンス、その他の国際指標など世界の業界専門家4.0、工場は、「スマートネットワーキング」、「3D印刷(ラミネート製造)」、「自動車製造変革」、「航空宇宙スマートマニュファクチャリング」などの業界動向と市場の脈動を共有しています。業界発展のための優れたプラットフォームです。 展覧会の詳細については、公式ウェブサイトwww.timtos.com.twをご覧ください。

https://www.timtos.com.tw/en_US/index.html